Search
Calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
Sponsored links
交通、災害情報
NEWS
占い

-無料占い-
天気予報
みひろ カレンダー

テレクラ
Recommend
New Entries
Recent Comment
Recent Trackback
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - |-
東海道線E233系

首都圏の通勤列車の新戦力として登場したのがE233系。2006年に中央線に導入したのを皮切りに青梅・五日市線や京浜東北線など導入範囲が一気に拡大された。昨年には常磐緩行線にも導入、今年夏より京葉線に導入されることが決まっている。

そしてこのE233系、2008年からは東海道線にて営業運転を開始している。当初東海道線には2006年3月のダイヤ改正で113系が引退したのに伴い、湘南新宿ライン運用から外れ余剰になったE217系が113系置換え目的で転属しダイヤ改正後から営業運転を開始しているのだ。E217系は3編成が転属し東海道線の東京〜熱海間限定運用に就いたのであった。

しかし2007年秋ごろには東海道線のE217系に動きが訪れることとなった。横須賀線のE217系が機器更新工事を実施、編成の機器更新時に予備編成の確保が必要となった為東海道線に在籍するE217系のうちF02-F52編成が国府津車両センターから鎌倉車両センターに転属、1運用のE231系での代走が長い間続いたが2007年11月下旬に新製されたE233系が登場し、2008年3月7日より東海道線での営業運転を開始した。

E233系はこの時は1編成(E01-E51)のみの新製で、E217系と共通運用が組まれた。ただE217系とE233系を合わせても3編成しかない為予備車がなく、検査時等で1編成が運用から外れた際に3運用のうちのA51+A151運用がE231系で代走されることがあった。これ以降も残ったE217系はF01-F51編成とF03-F53編成の2本。これとE01-E51編成との異色の共演が2年近く続いたのだ。

そして2010年2月下旬にE233系のE02-E52編成が登場、3月12日より営業運転に投入された。このE233系、どのような目的で製造されたのだろうか。1年程前に国電総研にて、東海道線E233系2編成目の導入が公表されたのだがその時にはこのように書かれていた。

武蔵小杉駅開業対応として、2009年度中(2010年2月下旬)に増備される模様。東急車輛製造。なお、これは増備分であって、現在転用されているE217系の動きは無い模様。下で述べる211系置き換え用投入時には、横須賀・総武快速線に戻る模様である。

今後のE233系投入に触れると、順番的には京葉線に続いて、埼京線→東海道・宇都宮・高崎線(縦貫線含む)→横浜線となる模様である。計画に上がっていた武蔵野線は、205系がVVVF化されていることもあり、233世代の車での置き換えは無くなった模様。未改造の4本は、京葉線から捻出される209−500を8連として転用し、置き換えられる。
 また、埼京線と横浜線の間に相鉄直通用として70輌程度が投入計画されている様であるが、埼京線仕様のものを増備するのか違った仕様になるのかは不明。


これらの製造は、新津車両製作所を中心に行われるが、これまでに比べて大きな変化がある。これまでは基本的に1線区に集中投入する様、1種類の車輌を製造してきたが、京葉線233製造時はほぼ平行して山手用231の4ドアT車を製造、この両方が2011年半ばに終了すると、新潟地区用低床3ドアE129系(1M1Tの2連及び2M2Tの4連)の製造、そして同時に埼京線の233、さらに2012年に入ると211置き換え用各線の233近郊型も加わり3種類を平行製造することになる。

 その結果、京葉線では250輌の置き換えに1年半以上掛かることになり、埼京線では320輌の置き換えが約3年にわたる長期間となる様だ。

                                     (国電総研スペシャル2009より)

13日のダイヤ改正では横須賀線武蔵小杉駅が開業、これにより同線を走る横須賀線、湘南新宿ラインの全列車や成田エクスプレス、スーパービュー踊り子が全て停車するようになった。当初はこれによる増発分が必要となりE233系が導入、211系やE217系に動きがないことから湘南新宿ラインの増発があるとみられたのだ。

しかし改正後の湘南新宿ラインの運転本数は改正前と同等で、横須賀線が増発の対象となった。こうなればE233系導入によりE217系の一部が横須賀線に帰るかもしれない、そういう予感が走る。

そしてこの予感は見事に的中したのだ。東海道線で活躍するE217系のうち、F01-F51編成が転属の対象となったのだ。この編成については既に付属編成の転用改造が行われている為、来月を目処に転属が行われるようだ。また13日以降運用から外れており、Rail Magazineの転属計画にも既に掲載されている。



写真はE01-E51編成。こちらの編成の前面に取り付けられていた東海道線全通120周年のヘッドプレートがこの日には既に外された状態だった。

今まで稀少だったのは上のE233系であったが、2編成目登場によりE217系が東海道線ではかなりレアな存在になってしまった。

posted by: 新幹線エキスパート | - | 13:03 | comments(0) | trackbacks(0) |-
スポンサーサイト
posted by: スポンサードリンク | - | 13:03 | - | - |-









この記事のトラックバックURL
http://panorama-view.jugem.jp/trackback/195
トラックバック