Search
Calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>
Sponsored links
交通、災害情報
NEWS
占い

-無料占い-
天気予報
みひろ カレンダー

テレクラ
Recommend
New Entries
Recent Comment
Recent Trackback
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - |-
和光市駅観察記〜東武編〜

こちらは昨日の続き。都電荒川線のイベントの撮影を終えて大塚経由で池袋へ戻った。池袋駅に着いた時はまだまだ昼下がりということもあり、家に帰るにはまだ物足りないくらいだったので池袋駅から行ける近場の場所へ向かう事にした。

池袋駅は湘南新宿ライン、埼京線、東武東上線、西武池袋線、東京メトロ丸の内線、有楽町線、副都心線が発着するターミナル駅の一つ。行こうと考えたのが東武東上線か西武池袋線の沿線。ただまず優先的に取材しておこうと思ったのが和光市駅。有楽町線・副都心線の終着駅で全ての列車が停車。更に地下鉄内運用に就く西武6000系を見る事もできるので西武線沿線に出る前に一度行って見た。池袋駅からは小川町行き急行に乗車。和光市駅に着くまでの間、成増駅に停車。

池袋では急行に飛び乗った為あまり撮影することはできなかったが、池袋始発の各駅停車で成増行きというのがある。TJライナーと快速急行を除いて全ての列車が停車する。すぐ近くに有楽町線・副都心線の地下鉄成増駅がある。営団時代は営団成増駅であったが、メトロに変わってからはなぜか地下鉄成増に・・・・。名前は正直言って成増駅と近いのだから地下鉄赤塚駅を含めて成増、赤塚でいいと思うのだが・・・・。

池袋ー北池袋ー下板橋ー大山ー中板橋ーときわ台ー上板橋ー東武練馬ー下赤塚ー成増和光市

ここで紹介した成増駅は東京都板橋区にある駅だが、成増〜和光市間は東京都と埼玉県の境界。今回行った和光市駅は見て分かる通り、埼玉県和光市にある駅だ。東上線と地下鉄の分岐点である事から、乗り換え客を含めて混み合う。

池袋を出て15分くらいで和光市に到着した。



和光市駅は2面4線の駅。両端の1,4番線は池袋発着の東上線の列車が停車するホーム、中央の2,3番線は有楽町線新木場発着、副都心線渋谷発着の列車が停車するホームである。ちなみに有楽町線、副都心線については和光市止の列車も設定されており、終点の当駅で乗客を降ろしてからは全ての列車が朝霞寄りにある留置線へ一旦引き上げる。



私が池袋から乗ってきた急行、小川町行き。こちらは10030系で、現在東上線では8両編成で運用に入っている上、伊勢崎線でも中心に活躍している10000系のマイナーチェンジ版。2両、4両、6両、10両の4種のユニットがあり、東上線では編成を組み合わせるなどして10両編成で運用に入る事が多い。東上線の他、伊勢崎線方面でも活躍している。

ちなみに東上線の終点は寄居駅。寄居駅は秩父鉄道との接続駅でもあり、伊勢崎線の羽生駅から東上線の寄居駅まで秩父鉄道を介した車両搬入も行われている。また坂戸〜越生間には支線の越生線がある。池袋発寄居行きの列車は設定されておらず、最長でも小川町止。小川町〜寄居間はワンマン運転を行っている。



副都心線渋谷駅から来た50070系。8000系は副都心線開業を期に地下鉄直通用として製造された形式で、現在は東上線内の運用の他、有楽町線や副都心線に直通する運用にも入っている。「急行」の表示で入線。そして・・・・



当駅で種別を「急行」から「普通」に切り替えた。西武側も同じだが、副都心線内を急行として走っていた列車は練馬駅もしくは和光市駅で種別を切り替える事が多い。例えば急行から普通に切り替える場合もあれば各停から快速に切り替わる場合もある。



続いては8000系。東武内では万国共通的な形式。万国共通というのは東武鉄道の全ての路線で活躍している形式だから。亀戸線や佐野線などの支線でのワンマン運転にも充当されている。現在は2両、3両、4両、6両、8両のユニットがあり、東上線では2両、4両、6両、8両のユニットのいずれかを組み合わせて10両編成で運用に入る事がほとんど。



1眼レフのデジカメを修理に出している為、LEDの部分は残念ながらはっきりと写せていない。こちらの8000系は急行充当中で確か4R+6Rだったと思うのだが、前よりはLED。



最後尾は幕。あのデジカメが戻ってきた時に再び取材しよう・・・・。



こちらの9050系は東武鉄道所有の地下鉄乗入れ対応形式で1981年に登場した。9050系は1981年に登場した9000系のマイナーチェンジ版で、有楽町線新線池袋駅が開業した1994年に登場した。9000系は地下鉄乗入れ運用には対応していないが、9050系については有楽町線、副都心線に乗入れる運用に就いている。



こちらは昨年6月より営業運転を開始したTJライナーにも充当される50090系。TJライナーとは池袋駅を夕方に出発する座席定員制の列車で、運転区間は池袋〜森林公園・小川町間。ふじみ野、川越市、森林公園、小川町のいずれの駅で急行や準急などに接続し、乗り換えの利便性も向上している。



TJライナー運用時には進行方向を向くクロスシートに変わる。通常の普通列車としての運用ではこのように座席を横に向けてベンチシートに早変わりする。

この後は副都心線の急行に乗り、渋谷駅まで一気に直行した。次回、次次回は以下のネタで更新する予定だ。

次回:和光市駅観察記〜メトロ編〜 + α
次次回:和光市駅観察記〜西武6000系編〜

posted by: 新幹線エキスパート | 東武鉄道 | 12:34 | comments(0) | trackbacks(0) |-
スポンサーサイト
posted by: スポンサードリンク | - | 12:34 | - | - |-









この記事のトラックバックURL
http://panorama-view.jugem.jp/trackback/129
トラックバック