Search
Calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
Sponsored links
交通、災害情報
NEWS
占い

-無料占い-
天気予報
みひろ カレンダー

テレクラ
Recommend
New Entries
Recent Comment
Recent Trackback
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - |-
平沼橋下の新田間川より横浜方を眺める

今日は昨日予告した通り、平沼橋付近から相鉄の車両を撮ってみた。



こちらが平沼橋駅の横浜方の最端部。ここでも三脚を立ててカメラを構えている人がいるのだが、寧ろホームの幅が狭いので逆に危険だ。なので私は改札に上がる階段の前を撮影スポットに選んだのだ。私が次に選んだ撮影スポットは平沼橋真下にある新田間川を渡る路地。

11000系が来るまで粘ろうと思っていたのだが、1時間近く経っても11000系は来なかった為、諦めて駅前のコンビニに立ち寄ってから再び横浜駅方面まで歩いて戻ろうとしていたところ、思いもよらぬ展開が訪れた。何と、11000系が横浜駅に入ろうとしているのを突然、目の当たりにしたのだった。私は急いでカメラを用意し、最後尾を撮影しようとしたが



電線がかかる柱のせいで先端部が見えなくなってしまった。これはいかんと思い、この列車が折り返して来るのをしばらく待つことにした。待っている間は練習がてら他の形式を撮ってみることに・・・・。



10両編成の10000系。橋の陰に隠れ、若干暗めに写ったので、とりあえずナイトモードで撮影。奥に見えるのが複合施設を備えた横浜駅。駅の機能の他、高島屋や相鉄ジョイナスといったショッピングモールも併設されている。相鉄線の発着場はその2階で、西口に直接出れる他、買い物客の為に相鉄ジョイナスと繋がれている改札口もある。ラッシュ時は東京方面へ向かうJR、京急、東急への乗り換え客で連絡通路が混雑している。



今回の試し撮りの一番の目的は撮影のタイミングだ。柱と柱の間に列車が来た時にシャッターを押すのがベスト。このタイミングで撮影することにした。

11000系が来る前に平沼橋駅での撮影では拝んでいない車両がやって来たのでまずはそれを紹介する。



若干信号に被りかけたが新7000系の新塗装車を無事に撮ることができた。やってきたのは8両編成の各停で、組成は4+4両だった。



8000系新塗装車。駅での撮影では遭遇していない編成だ。

(参考)旧塗装車



そしていよいよ本番。横浜駅から11000系の10号車のライトが赤(テールライト)から白(ヘッドライト)に変わったのを確認。緊張が高まる中、カメラの電源を入れて構えを整えた。数分後、11000系は動きだした。シャッターチャンス到来!!



8000系と同じ形で上手く撮ることができた。今まで11000系は西横浜駅横に留置されているところは幾度か見た事があったが、撮影に踏み切ったのは今回が初。将来のJRとの相互直通の主力候補に挙がっている11000系、現在でも増備が続いており、今後は7000系を淘汰することになるであろう。



今度はYou Tube用の動画を撮りにまた行こう。

posted by: 新幹線エキスパート | 相模鉄道 | 15:41 | comments(0) | trackbacks(0) |-
平沼橋駅で相鉄の車両を撮る

今日は元々、これだけが目的ではなかったがとある事情によりかなり時間が有り余ってしまった為に暇つぶしの為に相鉄平沼橋駅で相鉄の車両を撮影することにした。

平沼橋駅は相鉄でいえば横浜から1つ先の駅だが、実際横浜駅西口から10分程度歩けば行くことができる。まずは横浜方面を眺めてみる。



写真からは写りが小さいが、奥に横浜駅が見える。平沼橋駅と横浜駅の間の距離はほんのわずかであるが意外にも横浜〜平沼橋間のみ乗車する乗客が思った以上に多かった。ただ実際は平沼橋駅は横浜駅から徒歩圏内にあるということから閑散としている。

まず、平沼橋駅は各駅停車のみが停車し、快速と急行は通過する。各駅停車の車両の撮影は停車している間に撮影できるので比較的容易だが、通過列車の撮影はある程度撮影して慣れておかなければ失敗の連続になってしまう。手始めに最初に停車した各停運用中の10000系を撮影してみた。



10000系の概要については後半に説明するが、やはり停車体の撮影は素人でもできる。ただ私は今までに通過体は何度か撮影に成功しているので、優等列車が通過するこの駅で撮影に臨んでもあまり問題はない。何故撮影先を横浜や二俣川にしなかったかというと、横浜は混雑するし、二俣川は何気に遠く、他の用事もあるから無闇に出向けない。

この10000系を撮影する前に通過してきた9000系新塗装編成を撮影した。



現在の相鉄のコーポレートカラーに合わせて2007年から順次、青地の塗装を纏う編成が登場するようになった。



ちなみに後に塗装未更新車にも遭遇した。9000系自体は1993年に登場した通勤型車両で、東洋電機製のVVVFインバーターを搭載している。最近ではドアチャイム機能の搭載やシングルアーム式パンタグラフへの交換など、更新工事も行われている。編成中5号車と8号車にセミクロスシートがある。

9000系は全て10両編成で、基本的に急行や快速に充当される。



新7000系。相鉄には外観が異なる7000系もある為、わざわざ頭に「新」を付けて区別させている。外観が元東葉高速鉄道1000形に似ているが全くのオリジナル車である。登場は1986年で1988年以降に投入された編成にはGTOサイリスタ素子によるVVVFインバーターを搭載した。こちらの編成は「走れ! みんなの横浜号」のラッピングが前面と側面に施されている。



元々は先で述べた9000系と同じ、赤を基調とした相鉄の旧コーポレートカラー。ただ最近はこちらに関しても青を基調とした新コーポレートカラーに塗り替えられており、次回の更新でその編成を紹介する。現在は各停用8両編成と快速・急行用10両編成がある。



8000系。1990年に登場した通勤型車両で、新7000系の実績も踏まえてGTOサイリスタ素子によるVVVFインバーターを搭載した。この編成は行き先表示がLED式だが、未だに幕式の編成もある。また新コーポレートカラーへの塗装変更も行われているが、塗装変更車に今回は残念ながら遭遇していない。全車10両編成で主に快速や急行に充当されている。



5000系が引退してから、相鉄の車両の中で最古の形式となった7000系。5000系とは外観がやや似ているが細かい所で5000系と異なる点があった。1975年から1986年の新7000系登場まで製造が続いた。だが後継の11000系登場により次々と運用を離脱し、廃車となっている。現在残るのは8両編成6本のみで、各駅停車専用となった。

ちなみに





下の方は「各駅停車」表示が青地に白文字という形になっている。何故だ・・・??

さて、先程少し触れた10000系。



まずは主に各停に充当される8両編成。現在、8両編成のユニットは5編成在籍している。帯の色が鮮やかである。



続いて、急行運用に充当されている10両編成。現在は3編成が在籍している。8両のものと比べて帯の色にやや深みがあるように感じられる。

この10000系は2002年登場。JR東日本のE231系と基本設計が同一で、一部車両がJR東日本新津車両製作所で製造されている。搭載機器はE231系0,500番台と同一で、ドアチャイムも209系やE231系で採用されているものを取り入れている。



車内の内装も東京でよく見るアレに近い。



実を言うと、8両編成のユニットにも帯の色に深みのある編成が存在する。例外なのだろうか・・・・??

最後に



7000系がダブルで入線してきた時に並びを撮影してみた。6編成しかない割には遭遇率が高かったと思う。

ここで11000系が来るまである程度粘ったものの、なかなか来ないので諦めて駅から身を引き、模型店へ向かった。が、その途中に何と遭遇したのだ。

他にも平沼橋駅では東海道線と横須賀線が併走するので東海道線、横須賀線、湘南新宿ラインの車両や特急列車などの撮影にも適した場所である。実際に何枚かは撮っているので後日公開する。予定では

・次回・・・平沼橋で横浜駅に進入する11000系を撮影
・次次回・・・平沼橋駅で撮影したJRの車両

である。どうぞお楽しみに・・・・。最後に



今日は3つのブログを全て更新する予定です。

posted by: 新幹線エキスパート | 相模鉄道 | 19:32 | comments(0) | trackbacks(0) |-